菅原直敏を知る of 菅原直敏(神奈川県議会議員)~介護・福祉を政策する

HOME > 菅原直敏を知る

naoshiro.jpg

菅原直敏(すがわら なおとし)

年齢:1978年(昭和53年)4月12日生まれ(37歳)

趣味:読書・旅行・写真・料理など

著書:「何故、地方議会議員年金制度は廃止すべきか」(パレード)

備考:

地方自治について深い造詣を持ち、国内外問わず200以上の自治体を踏査する等、徹底した事例研究を進めている。住民自治に主軸を置いた「多様な地方自治制度」と「誇れる国」を提唱し、住民が主体の地域づくりと世界貢献できる自立した国家づくりを目指している。

 また、政策立案を重視し、第5回マニフェスト大賞・最優秀政策提言賞を受賞する等、提言する政策に対して高い評価を受けている。独自の政策的な切り口から、様々なシンポジウムや勉強会の講師やコーディネータ等を務める。

 さらに、地方議会議員年金制度に関する研究・調査を実施し、独自の廃止案を世間に提案する。与党の地方議員年金プロジェクトチームや各種団体において独自の視点を説明した。

現在、介護施設の正規職員として介護に従事するかたわら、地域・市民活動等に従事。大和市初の独立型キャラバンメイトとして、認知症サポーターの養成講座を実施すると同時に、防災士として介護専門職の立場から防災と福祉に関する講演を全国で開催。

職歴 
介護職員(学童保育併設型有料老人ホーム)
・介護職員初任者研修修了
・福祉住環境コーディネータ
・手話検定7級
学歴 
両親・親族とも政治とは無縁の家庭に育つ
大和山王幼稚園
西鶴間小学校
大和中学校
大和高等学校
上智大学法学部法律学科卒業
公職歴
大和市議会議員(1期)
市議会における所属委員会履歴
・総務常任委員会(副委員長)
・環境厚生常任委員会
・文教市民経済常任委員会
・議会運営委員会
・都市整備対策特別委員会
・議会報編集委員会(委員長)
神奈川県議会議員(無所属・3期目現職~任期は平成31年4月)
所属会派 における役職歴
・政策調査会長(現在)
県議会における所属委員会履歴
・産業労働常任委員会(現在)
・ヘルスケア・ニューフロンティア政策調査特別委員会(現在)
・予算委員会(現在)
・総務政策常任委員会
社会問題総合対策特別委員会(委員長)
議会改革検討会議
・防災警察常任委員会
・地球温暖化対策特別委員会
・商工労働常任委員会
・建設常任委員会
・産業活性化特別委員会
その他
・神奈川県市町村合併推進審議会委員
・神奈川県観光審議会委員
講演実績等
議会改革について(ローカルマニフェスト推進地方議員連盟主催)
「徹底討論 どうする道議会改革」(北海道テレビ放送放映)
自治基本条例について(千葉県袖ヶ浦市議会主催)
議会改革について(ローカルマニフェスト議員連盟北海道実行委員会主催)
地方議院内閣制を考えるシンポジウム・コーディネータ(地方議院内閣制を考える実行委員会主催)
地方議員の活動実態について(㈱東京電力社員研修会)
自治基本条例について(大和正論の会主催)
地域活性化について(大和倫理法人会主催)
現在、介護施設の正規職員として介護に従事するかたわら、地域・市民活動等に従事。大和市初の独立型キャラバンメイトとして、認知症サポーターの養成講座を実施すると同時に、防災士として介護専門職の立場から防災と福祉に関する講演を全国で開催。


LinkIcon「介護カエル(暫定版)」~介護・福祉にかかる政策提案

菅原直敏の介護・福祉にかかる政策提案です。

LinkIcon「日本カエルβ版1.0」~理念・政策集

菅原直敏の国政挑戦にあたっての理念・政策を概要したたたき台です。是非ご覧ください。「神奈川改革プラン」と「大和三化計画」も掲載しています。

LinkIcon議会改革50の提案

2010年にマニフェスト大賞最優秀政策提言賞を受賞した際の「議会改革50の提案です。地方議会に対するバイブルとの評価を頂きました。