HOME

活動報告

2022年9月13日代表質問要旨③〜3 共生社会を支える人材の待遇改善について

9月13日に実施した代表質問の要旨は以下になります。 共生社会を支える人材の待遇改善についての質疑を行いました。 私の今期の公約の3本柱の一つである「共生社会」について、待遇改善の側面から取り上げました。 特に介護・障害

2022年9月13日代表質問要旨②〜2 職員本位の多様な働き方について

9月13日に実施した代表質問の要旨は以下になります。 職員本位の多様な働き方について質疑を行いました。 「勤務間インターバル」制度については、2017年2月の一般質問においても取り上げており、5年ぶりの後追い質疑になりま

2022年9月13日代表質問要旨①〜1行政におけるデジタル人材の確保・育成について

9月13日に実施した代表質問の要旨は以下になります。 最初の質疑は本県のデジタル人材の確保育成についてでした。 私自身が今期の公約の3本柱として掲げたものを、昨年の一般質問の経過も踏まえて、人材の確保・育成の面から質疑を

活動データベース

Slide 1
政策・理念

●神奈川県議会
議会改革に関する50の提案…2010年に県議会に提案した議会改革の政策集です。マニフェスト大賞の最優秀政策提言賞も受賞し、「議会改革のバイブル」とのご評価を頂きました。

●日本カエル政策集
2012年の国政選挙挑戦の際の政策集ですが、巻末に2007年、2011年の県議選挑戦時の公約「神奈川改革プラン9」および2003年の大和市議会議員選挙挑戦時の公約「大和三化計画」も掲載させて頂いています。

●日本カエル政策集
2012年の国政選挙挑戦の際の政策集ですが、巻末に2007年、2011年の県議選挑戦時の公約「神奈川改革プラン9」および2003年の大和市議会議員選挙挑戦時の公約「大和三化計画」も掲載させて頂いています。

Slide 2
議会・会議

現在こちらのコンテンツは準備中

Slide 3
広聴・広報

現在こちらのコンテンツは準備中

Slide 3
視察報告

現在こちらのコンテンツは準備中

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow

プロフィール

 

菅原直敏(すがわらなおとし/Nao Sugawara)。
介護・福祉・医療、テクノロジー・国際関係、地方自治・議会改革を専門分野として政策提言を行う。また、全国の首長や議員の政策作成のサポートも広く行なっている。

経歴現職歴専門公職歴備考

1978年4月12日。B型。午年。牡羊座。神奈川県出身。

【学歴】
大和山王幼稚園卒園
大和市立西鶴間小学校卒業
大和市立大和中学校卒業
神奈川県立大和高等学校卒業
上智大学法学部法律学科卒業

一般社団法人代表理事
通所介護施設事業会社法人本部長
スタートアップ企業取締役兼CDO
地方自治体最高デジタル責任者
地方自治(特に住民自治) ソーシャルワーク(社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士、保育士の国家資格保有、難病等ホームヘルパー養成研修修了)
デジタルトランスフォーメーション (自治体や企業にて最高デジタル責任者を兼任)
・2003年4月
大和市議会議員当選(無所属、全国最年少)
・2007年4月
神奈川県議会議員当選(無所属、1期目、当時神奈川県政最年少)
・2011年4月
神奈川県議会議員当選(無所属、2期目)
・2012年12月
第46回衆議院総選挙落選(みんなの党公認)
・2013年7月
第23回参議院通常選挙比例代表落選(みんなの党公認)
・2015年4月
神奈川県議会議員当選(無所属、3期目)
・2019年4月
神奈川県議会議員当選(無所属、4期目)、当選と同時に今期限りの引退表明
いわゆる「ジバン・カンバン・カバン(地縁、知名度、お金)」だけでなく、議員経験者の身内、秘書経験などのコネも一切なく、初当選。今振り返るとよく当選できたと思います。 両親は神奈川県の公務員でした。 父は東北人のため、東北、特に岩手県は心の故郷。 稲葉一鉄一族の傍流の末裔(母方の旧姓「稲葉」)