公約検証2019

【公約検証2019年】提案3:議案書等のホームページ上への公開〜「神奈川県議会 議会改革50の提案」

提案3:議案書等のホームページ上への公開

【内容】

公約:議案書等(報告資料、議会・委員会審議に関わる資料を含む)を県議会のホームページ上に公開します。

↓↓↓

現在:平成26年第1回定例会より、提案された議案が県議会のホームページ上でPDFファイルで公開されています。

該当ページはこちら

 

【目 的】

積極的な情報公開によって、県民の議会活動への参画を推進すること(11条(2))

【現状・課題】

○議案書等がホームページ上に公開されていません(決議だけは全文公開されている)。

⇒議案内容の公開は最も基本事項です。早急な公開が求められます。また、委員会審議は報告資料に基づいて行われることが多く、今後の委員会のインターネット中継の導入も勘案すると、公開が必要です。その他の資料も、労力がかからない範囲で、原則全部公開するべきです。

【手 法】

○議案書等をスキャニングし、PDFファイルに変換した後、県議会のホームページ上にアップします。

【費用・財源】

○既存の予算内で対応します。

 ・スキャニングとファイルのPDF化は、市販の高機能スキャナ(市価4万円程度)があれば、片手間でできます。従って、職員の負担もほとんどありません。ファイルのアップ作業は単純です。

【効 果】

○県民理解の推進…県民の議会審議に対する理解が飛躍的に向上します。

○議員の調査能力の向上…ホームページ上から様々な資料を入手できることは、議員が調査を行う上での大きな助けになります。

【参 考】

○議案書等の公開を行っている議会…宮城県議会、島根県議会、佐賀県議会他

 特に、島根県議会及び佐賀県議会(行政側の公開)はPDFファイルで公開しています。PDFファイルで公開する利点は、通常配布同様に印刷出力ができる点です。

 

f:id:naoxinfo:20190127002302p:plain